カテゴリ:ともだち( 19 )

 

Dachambo行ってきましたよ。

楽しんじゃって、足がつりそうでした。
一日中でしたから・・・。
わたしにとっては。

その後、友達のイベントに行き、
朝まで、踊っておりましたよ。

リキッドルーム→下北WEDGE
でも、正直このコースは疲れて、何度かまったりしてしまいました。

ヨガ+クラブという感じのイベントをやりたくてしょうがないんだけど、
結構、この組み合わせの場合、パフォーマンスでヨガが終わってしまっているので、
まぁ、はじめの段階でヨガクラスかる~くやるようなのをやりたい・・・。
んで、準備運動して身体を軽くした段階で踊りまくって欲しい。。。
と、こういうわけ。
てゆーことで、企画書書くのは大嫌いなので、
友達に相談してみようかなぁ・・・。

スーザン・ニコルス/スーザン・ニコルスのしあわせになるONEDAYヨガvol.2ENERGY〜きれいになるヨガ〜/PCBG-10943スーザン・ニコルス/スーザン・ニコルスのしあわせになるONEDAYヨガvol.2ENERGY〜きれいになるヨガ〜/PCBG-10943
¥3,500

[PR]

by chinesered | 2007-01-31 12:25 | ともだち  

今日は、Dachambo村だよ!!!

今日は、Dachambo村だす!
ィェ‐ィ v(●´U`●v)))))).......((((((v●´U`●)v ィェ‐ィ
張り切って行ってまいりマース。

ちなみにJUNEさんのキャンドルも見れるよ。
下北沢のHempFoodレストラン「」も出店!!!
麻つながりだけに(つながりやすいけどさ)あがりまくりですわ~↑
わぁ━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━ぃ!!

startは16:20~だけど、
LIVEは18:00~みたいなので、是非是非ご参加あれ~。

では、いろいろこの日のために戦闘服を購入したので、
着て行きます。

ルルでフード購入したよ。
念願の。。。


スーザン・ニコルス/スーザン・ニコルスのしあわせになるONEDAYヨガvol.1FOCUS〜目覚めのヨガ〜/PCBG-10942スーザン・ニコルス/スーザン・ニコルスのしあわせになるONEDAYヨガvol.1FOCUS〜目覚めのヨガ〜/PCBG-10942
¥3,500

[PR]

by chinesered | 2007-01-27 11:49 | ともだち  

東京国際映画祭

今年もそろそろ始まります。
東京(昔は主に渋谷だったが)の町が、
一瞬にして国際都市になったような。
(本来はこうでなきゃいけない、とも思う・・・)
そんな華やかな一週間であります。

どうやら前売り売切れてしまったのが出ているようです。
私は落ち着いたころに、マイナーでいい作品?を観ようと思います。
がんばり過ぎない。

だって、人気作品は絶対上映されるでしょ?
てか、オープンしてみないといい作品が、
まだまだわからないのが映画祭の醍醐味。

自分が観た作品の評価が上がると嬉しいものです。
でも、そうじゃなくても一生に一度しか逢えない作品に出会えるかもしれないのです!!!

あー楽しみ!!!!
[PR]

by chinesered | 2006-10-03 19:06 | ともだち  

マツケン!!!!

久しぶりに「暴れん坊将軍」の再放送を見た。

時代劇が元々大好きなのですが、
久々に見たんですよ。

いつもながらのストーリーなんですけど、
(なんで、あ、コレ見たことある!!って思わないんだろう???)
最後の成敗!!!のところのシーン。
(大体のパターンは、
『上様とて容赦はせぬ』とか
『今は一介の素浪人』とか
『こんなところに上様がおるものか』とか
『お命頂戴する』とか・・・、
あれだけシリーズあってもパターンは一緒よね?)

まぁ、音楽が鳴って、上様は峰打ちしまくるわけだよね?
ヽ(ヽ゚ロ゚)驚いた、驚いた。

マツケンかっこいいんだわ。

殺陣すごいよ、あの人・・・。(●´Д`人´Д`●)

久々に見たせいか、感動しました。

なんだか、変な笑いを浮かべてしまった。

完敗って感じ・・・。
最近のマツケンサンバのせいか?
ちっちゃいときの尊敬の念を忘れてたんでしょうね・・・。
[PR]

by chinesered | 2006-09-15 18:45 | ともだち  

うどんすきや。

大学の頃ちょくちょく行って、
卒業してからのたまに行ってたうどんすきやがなくなってた・・。

ショック!!!

たまたま通りかかって、
あれ?
通り過ぎて、振り返ってしまいました。


なぜだか物悲しく看板だけが残ってた・・・。
改装だと信じたい!!!!

けど、空き地になってたからな。。。
[PR]

by chinesered | 2006-08-24 23:22 | ともだち  

ヒドイもので。

大切なモノをなくして、もう何年も経とうとしている。

いや、「していた。」が正しい表現なのかもしれない。
今年はあの日のことを忘れていた。
過ぎ去ってから気づいた。

いつからだろう大切なモノが変わって。
少し離れて。
変わらないつもりでいても、何もかもが変わって。
年をとって。

大人になるということは、
こうやって何もかも忘れてゆくことなんだろうか。

記憶の断片すら、うっすらとして。
自分に起きた出来事なのかすら、わからないくらいだ。

それでも、きっと。
何かのきっかけで色鮮やかに蘇るのだろう。

・・・それが想い出。
[PR]

by chinesered | 2006-08-14 20:45 | ともだち  

領域。

梅雨はどこに行ったのか?
蒸し暑い日本の夏が続いてく。

陽がジリジリ照っている真夏ではないので、
まだまだ過ごしやすい。
今ぐらいの季節が一番好きかもしれない。


気温が体温に近づく。
自分の体温が周りの空気に溶け込む。
シャヴァアサナのときもそう、瞑想に入りやすくなる。

毎年この季節になると思い出す。
どこまでが自分の領域なのかわからなくなる。
すべてが自分であって、どこも自分ではないような。
生きているのかどうなのかすら・・・。


夏は恋の季節だとか巷では言ふ。
湿度が高いと呼吸がしにくくなる。
そんなときは呼吸をコントロールすればいいんだけど。

人間は単純だから、
恋をしたドキドキと
夏の暑さで鼓動が早くなるのを勘違いするんだ。
ホントに好きかどうかなんてわからないような。
暑くって考えることすら・・・。

僕と君との領域がわからない。
まるでひとつのもののように。
これが恋かなんてわからない。
ただ息苦しいのと生き狂しいのが混在している日本の夏。


2006年夏Ver.
[PR]

by chinesered | 2006-06-30 21:51 | ともだち  

昨日・・・。

朝起きたら歯が欠けた。
というより、自分で触ったら取れたのだが。

もともとただ貼ってあっただけなのだが、取れた。

意外に落ち着いていた。
何年かに一度接着剤がもろくなってずれてきてしまうようだが、
なんだかこの前はり直してもらったときのことを思い出した。

ちょっと硬いものがあたっただけでもびくついていたり、
おせんべいも慎重に食べていたような気がする。

それが、夢の中で変な感触を感じ、
朝起きて白湯を飲んで、また同じ感触を感じて、
自分で動かしてみた。

はらりと取れた。

自分で自分に驚いている。
というより変わってしまった自分に驚いた。

もちろんいい方向にだけど。

でも、歯がないのはまぬけだなぁ。
これで六本木をうろうろした。
だって昨日は日曜日なんだもん。

歯のことなんて気にしないで大口で笑う自分がいた。
ガラスに映った自分を見て気づく。

あっ、歯がないんだった。

あの人何か思っただろうか?

まあ、いいや。
これも自分。

でも、やっぱりこのままじゃいろいろ食べにくい。
何せ味噌汁も飲めやしない。
口もとがゆるくなる。

取りあえず歯医者に行こう。
[PR]

by chinesered | 2006-06-26 10:48 | ともだち  

どうにもこうにも。

どうにもこうにも、涙が出ない。
出せばどんなに楽になることだろう。

身体の中のどこかが痛い。
右脚か、
左の肺か、
それともこめかみの辺り・・・?

気づかない振りをしなくちゃいけない。
自分の内側に意識を向けないように。
おかしな話だけど、今もう少し過ぎ去るまではそうしていなきゃいけない。

必要以上に着飾らなきゃいけない。
自分の意識を外に向けるため。
おかしなことだけど、今はそうしてやり過ごすしかできない。

どうにもこうにも、涙が出ない。
どうにもこうにも、心を殺さなくちゃならない。
どうにもこうにも。
何もできないから。
どうにもこうにも。
[PR]

by chinesered | 2006-05-21 22:02 | ともだち  

僕らはいつだって、ないものねだりを。。。

梅雨が近づいているのか、
なまぬるい風がいつしか吹くようになった。

吹くという表現はいささか間違えで、
「まとわりつく」という方がお似合いだ。

無感動な僕は、無表情な顔で、
何か足りないものを探してる。

それは何かわからない。
それはなくしてしまったもののような気がしてる。
でも、それには気づいてはいけないんだ。
気づいてはいけない。

ホントは何かわかってるんだ、それが何かなんて。
なくしてしまったものはいつだって、
手に入れたものより惜しい気がするんだ。

梅雨が近づいてくると、
だんだん夏のにおいがしてくる。

この退屈な晴れ間のない日々が、
僕にとってはとても幸せな日々。

焦燥感もなく、虚脱感もなく。
臆病な僕は、雨に打たれることはない。
浴室でシャワーに打たれるほど、もう泪も出なくなった。

それが何かなんてもうわからない。
それはすでになくしてしまったもので、
いつだって手に入らないもの。
気づいてしまってはならないもの。

ホントは何かわかってるんだ。
それは手に入れたくていつも逃してきたもの。
隣にいることも、それ自身にもなれずにきたもの。

梅雨が長引いて、
僕の世界はみんなの世界と隔絶する。

雨音が激しくて、僕の耳もおかしくなる。
誰の声も聞こえない。誰の声も聞こえない。

誰と触れ合ったとしても、僕には何も響かない。
まるで酔っ払ってるみたいに。
何もかもが。

僕は強くならなくちゃと思うんだ。
繰り返さないように。繰り返さないように。

そうして、毎年夏が来る。

こんな梅雨の過ごし方をこれ以上しないように。
今年こそは強くならなくちゃ。
[PR]

by chinesered | 2006-05-21 00:17 | ともだち